理屈よりも体の感覚が好き。直感が大事。


by hiroQ111
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

遅刻の効用。

私は仕事柄、時間がたいへん不規則で、
休日もマチマチなら、睡眠時間もバラバラである。
寝れるときに寝て、食べられるときに食べて、遊べるときに遊ぶ。そんな感じ。

まるで野生児。

だから、多忙な折は家から一歩も出ず、お天気がどんなかも知らない。
窓の外をのぞいている暇があったら、
ご飯を食べる時間やコーヒーを飲んで一服する時間に当てる。
あるいは、目を閉じて頭を休めたい。
それぐらい集中しているのだ。
昼も夜もなく働いている私に、気軽に用事を言いつけるな!

という半面、暇なときはとっても優雅。
誰かれとなくランチに誘い、映画にいき、本をどっさり持ち帰る、毎日が天国。
こういう日々は、誰に何を頼まれてもニコニコしながら応えてる。

両極端なのだよ。生活が。念のために言っておくと性格だって変わるのだ。

多少神経がピリピリしている日に、
私はあろうことか電車の時刻を確認せずに家を出た。
私を乗せた電車は、目的地までいかず、途中の駅で折り帰し運転となった。
え~、この忙しいときになんでだー!責任者出てこーい!と叫びたい気分。

次の電車も、その次の電車も、その次の電車も、
目的地に私を届けてくれる電車はこなかった。

決して、家を出るのが遅れたワケじゃない。
計算通りに家は出た。ただ、電車の時刻表は確認していない。
都市のJRは3分置きくらいにやってくるとタカをくくっていた。
まさか、通勤時間帯でもある早朝にブラックボックスのような
空白の時刻が存在するとは思ってもいなかった。

お蔭で、きっちり待ち合わせに遅刻した。
ひとりひとりに頭を下げて謝った。尋ねられない限り、言い訳はしない主義。
忙しかったとか、病院に行ってたとか、言い訳されたって事態は変わらないから。

でも、私の心のなかでは「遅刻しちゃった。悪いなあ」と苦虫がごろごろしてる。

その日1日、苦虫があっちで顔をだし、こっちで顔をのぞかせる。
私を責めず優しくされる分、私はもっともっと小さくなる。塩をかけられたナメクジみたいに。

私は遅刻したことで何を学んだのかを考えてみた。
遅刻するべく理由があって、遅刻したのだと考えた。

ある有名な講演者の方が、以前、こんなことを言っていた。
「みんなで旅行に行くときは、必ず5分遅刻するようにしている」と。
トップが遅刻すると、みんなの気持ちをゆるませる効果があるのだそうだ。
その旅にはリラックスムードがただよう。

では、本日の私の意味は?
遅刻して迷惑をかけてしまった人達にずっと謙虚でいられる。
相手の要求にできるだけ応えようと姿勢を低くしている。

謙虚にしていると、相手もまた気遣ってくれる。
(まあ、中にはそれでも横柄なやつはいるけどさ。そんなの問題外。)

遅刻は、私を謙虚に保つ苦い薬であった。
もし、遅刻していなかったとしたら
あまり喜ばしくない言葉をクチばしっていたかもしれない。
クチにださないまでも、顔の毛穴で叫んでいたかもしれない。
仮定の話だから意味はないが、

時間に間に合うように家を出た私を
神様が遅刻するようにハメタ。
お蔭で私はこの1日を謙虚に過ごすことができた。

神様は私の性格をよくご存じなのだ。
遅刻させていただき、ありがとうございました。
常に謙虚でいること。でしゃばらないこと。それが目下の課題かなあ。
ほめられた話じゃないけどね。ごめんなさい。
[PR]
by hiroQ111 | 2005-02-24 22:10 | 今日の発見