理屈よりも体の感覚が好き。直感が大事。


by hiroQ111
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ここ数日、大阪は雨模様で、あまり気温も上がらない。
何を着れば適温で過ごせるのか、
出かける前に窓の外を眺めてちょっとばかし思案する。

寒いかな?でも暑かったらイヤだし。

今日も街へ出かけたついでに
軽い羽織りものがあればと、ある洋服店をぶらりと散策した。
ちょうどきれいな若草色のカーディガンがあったので、
ハンガーから外してながめていたら
お若い店員さんが、にこやかに声をかけてくださった。
「その色、最後の一枚なんですよ」とのたまう。

「ちょっと羽織ってみませんか」と声をかけていただいたので、
まあ、せっかくだからと思って、鏡の前に向かった。

が、洋服の上から若草色のカーディガンを当ててみただけで
サイズが小さいなと気になった。

「このサイズ、いくつ?私はMサイズなんですけど」

「これは、えーっとSMSS……。大丈夫ですよ。お客様なら」

さらに、店員は付け加えて、
すっきりしたデザインの割りに、ゆったり着れるだの、
細く見えるだのとあれこれセールストークを続ける。


店のひとが大丈夫と言うのだから、
見た目よりもゆったりしているのか?と半信半疑ながら
袖を通してみる。

うげっ、キツイ。

店員はカーディガンのもう一方の袖も
無理やり私の腕に通してしまった。

「私、Mサイズなんだけど、このサイズ何?」
半信半疑の私は、すっかり疑惑の目で店員を見つめる。
「えーっと、通常でいえば、SSサイズです」

脱がして。
あっ、キツイ。
そっ、袖が伸びてるんちゃうの?
わっ、脱げない。そっちひっぱって。

私、「こんなの小さくて着られません」
店員、「そうですか…。
Mサイズでしたら白もありますが、Mはちょっと大きめなんですよ」。
ほらね。大きいでしょ?と得意気に広げて見せる。

私は、だんだん買いたい気が失せてしまい、
それどころから、あろうことにSSサイズを私の袖に無理やり通した
この店員の脳みそぐにゃぐにゃぶりにたじろいでしまった。

恐るべし。G▲P

さようなら~!!
[PR]
# by hiroQ111 | 2006-05-20 20:34 | 吠える